top of page

新居に移転しました!


 2024年の1月25日、家が手狭になってきたため、新居に引越しをすることになりました。

札幌での生活も5年目ですが、転勤族だった我が家も悩んだ末、この地で家を構えることにしました。

とても日当たりがよくて広くて、環境も良く、何しろお手頃物件だった事が決め手になりました。


引越のタイミングでは、ありがたくも大量カットのお仕事が重なることになり、引越作業、家事、イラスト、子供の新しい環境整備と、かなりハードな日々になりました。それでも、今回の仕事では女性のイラストに加えて、今まで描いてこなかったようなジャンルのイラストもたくさん挑戦させていただきました。

公開は秋頃になるのですが、形になるのが今から楽しみです!


仕事と同じくらい大変だったのは環境の変化にデリケートな長男のこと。

引越当初は荒れまくっている状態でした💦

それでも、寝る前にその日あったことや、気持ちの持ち方など親子で語ることで、気持ちのリセットができるようで、

作業が夜に食い込んでしまっていた期間が減ってくると自然と落ち着いてきたようです。

自閉症スペクトラムの息子が日々、学校やデイサービスに行って帰ってくるのは当たり前なことではなく、

つまづいていることや、間違っていることや、頑張っていること、自信を失っていることなど、小さなことを毎日一緒に共有していくことが大切だなと実感しています。

疲れに敏感な上、健常だとオートでできる気の持ち方や軌道修正が本当に下手なんだなあと思います。

ついつい話が逸れてしまいましたが、息子のこととなると話が止まらなくなってしまうのでこれくらいにして・・・

子育てとイラストの仕事の両立は、常にコーヒーが欠かせない毎日でしたが、

ここ2、3年で細切れ睡眠ともだいぶ卒業して、朝スッキリ目覚められるようになったなあと思います。

長男13歳、長女11歳、次女5歳。本当によく成長してくれたなあと。

これからは、健康を意識して日中の時間を中心に大好きなイラストを描き続けていけたらいいなあと思っています。

コロナ禍で断念したお仕事もちらほらあるなか、レギュラーのお仕事も終わってしまったり、

色々と不安もありますが、子供のため、老後のため、また描いて世の中の役に立てることで救われてきた自分自身のため、

ますます頑張っていけたらいいなと思っています!

いつもどこか抜けていて天然と言われることも多く(天然に関して納得はあまりしてないのですが)常にアップアップな私が、今まで何とかイラストレーターを続けてこれたのは、たくさんの方々の支えがあってこそなので、この場を借りて感謝いたします。本当にありがとうございます。


長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます!

▲二階のサービスルームを利用した作業部屋。ヒーヒー言いながら組み立てた書棚です・・・

▲こちら側はアイデアを考えたり、資料を読んだり、リフレッシュもするために小さなソファを置いてみました。

Commentaires


Follow Me
Recent Posts

Illustrator

RYUKO 

bottom of page